> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
龍馬プロジェクト宮崎キャラバン
2月27日(月)

 宮崎市議会3月定例会が開会されました。
今日から3月16日まで市から提出された議案76件、報告12件と議員提出条例案1件を審議していきます。
3月議会は新年度予算案が主な議案になるのですが、毎回感じますのが会期の事です。特に一般質問をする場合は、質問の準備と議案の審査が重なりますので時間がもっとあればと思います。
そんなことを書いてますと、林塾長のお言葉で「締め切り時間のぎりぎりしか動かないようでは駄目だ!」の言葉を思い出しました。
愚痴を言う間がありましたら行動するのみですね!

 議会改革特別委員会終了後、依頼されている仕事を済ませ、夜は待ちに待った龍馬プロジェクト宮崎キャラバンです。
全国若手地方議員で作られた「龍馬プロジェクト」の大阪府吹田市議会議員神谷宗幣会長をはじめとする役員の方たちが宮崎入りし、私たち宮崎市議会侍miyazakiのメンバーや若手宮崎県議との交流会です。
 昨年7月に侍miyazakiが結成された際に、私はメンバーに「いつか龍馬プロジェクトのメンバーと交流する機会ができたら。」と願っていたのですが、ようやくその願いが叶いました。

 34歳で市議2期目の神谷会長がなぜ2年前に龍馬プロジェクトを作ることになったのか、大学時代に日本一周した後アメリカやヨーロッパに渡り、世界から日本を見たときに改めて日本の素晴らしさを知ったこと、その愛する日本が急激に悪化していく危機的状況のなかで「他人事のように傍観者で良いのか、今我々が行動しなければ次世代の人たちにとんでもないツケを残してしまう!」とその熱い思いを語ってくれました。

 夜も更けていく中、大阪、大分、福岡、熊本に留まらずに日本という国を救うために本気で行動している志士から宮崎の侍が多くのことを学んだ夜でした。
f0174438_12434518.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-02-28 12:32 | 日記
学習発表会
2月26日(日)

 小戸小学校で行われました学習発表会に侍miyazakiのメンバーで行ってきました。

立ちあがろう日本!届け!おど魂~小戸っ子「元気」「やる気」「本気」プロジェクトのテーマを掲げ、体育館にて先生や保護者が見守る中、午前中は各学年ごとに合奏、合唱、百人一首、群読、研究発表と子どもたちは元気一杯に一年間の集大成を見せてくれました。
傍で見ていて大人が嬉しくなる位に子ども達は笑顔で一生懸命発表してくれました。

 お昼時間は小戸小学校の倉岡校長先生が数年前から力を入れられている「お弁当の日」です。
1、2年生は「おにぎり」を、3、4年生は「おにぎりとおかず一品」を、5、6年生は「お弁当全部」を自分で作ります。
香川県のある小学校の校長先生が始めた教育活動の一つですが、私達も各家庭で早起きして作ってきたお弁当を保護者や先生と一緒に食べている子どものところに行きインタビューしてきました。
「どこが難しかったですか?」「お弁当作るのは楽しいですか?」
保護者の方には、「お弁当を子どもが作ることで何かが変わりましたか?」
それぞれ訊ねてみると自分達で料理をすることで親への感謝の気持ちや食に対する関心といった現代の子ども達に理解して欲しい事が浸透しているようです。確かに保護者の方が自分で作るよりも別の負担が出てきますので大変かと思いますが、子どもの教育に手間暇がかかる事は必然的です。
今後も宮崎全域にこの活動が広がってくれる事を願っています。

 午後からの「小戸に日本一がやって来る!」では、小戸小学校卒業生で延岡学園高等学校バスケットボール部3年生の黒木亮君と宮崎学園高等学校合唱部が子ども達に日本一となった技と歌声を披露してくれました。これは子ども達に日本一を取った本物の先輩たちがどのような思いで活動しているかを知ってもらうキャリア教育の一つです。

私はどちらも初めて目の前で見聴きしましたが、感動の一言でした。本物を目にした時に人間は感動するのでしょうか、合唱を聞いていると自然に涙がこぼれてきました。
恐らく午前中の子ども達の発表に続いての感動だったからでしょうが、私自身の心も洗われるような思いでした。

 今回の発表会は小戸まちづくり推進委員会の協力もあって出来たものです。
学校が地域と一緒になって成長していく事を見事に私達に立証してくれた一大行事でしたが、全てが本物で本気だからこそこれだけの感動を与えてくれたのだと学ばせてくれた小戸小学校と地域の皆さんに心から感謝した一日でした。
f0174438_8453767.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-02-27 08:50 | 日記
Jリーグキャンプ!
2月6日(月)

 この時期の宮崎県はプロ野球とJリーグのキャンプで大賑わいです。
私はこれまで、長男、次男が野球をしている関係でプロ野球のキャンプには足を運んでいたのですが、宮崎市観光協会より案内されるニュースを見て、先週2日にサッカーの「アビスパ福岡」宮崎キャンプ歓迎セレモニーに初めて参加してまいりました。
参加してみて大反省です。宮崎県にはサッカーのJ1・J2リーグ併せて全38チーム中23チームがキャンプ入りし、その内12チームが宮崎市内をキャンプ地として利用してくれているのです。

おもてなしの心が大切ですので、4日の「横浜F・マリノス」5日の「ファジアーノ岡山」、6日の「セレッソ大阪」、「鹿島アントラーズ」の歓迎セレモニーに引き続き参加してきました。(徳島ヴォルティスは重なったため参加出来ませんでした。)
改めてキャンプ地として宮崎の評価が高いことを再認識いたしましたし、改めて各チームを受け入れる私たち県民市民が、来ていただけることに最大の感謝をしなくてはならないことを痛感しました。

 宮崎市観光協会でもガイドブックを作成し、キャンプ情報や美味しい食べ物の情報を発信しています。
皆さんも是非、サッカーや野球の応援にご家族や友人と一緒に足を運んで下さいね。
f0174438_1610638.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-02-07 15:53 | 日記