> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
五ヶ瀬教育ビジョン全体研究会
11月19日(金)

 朝6時に宮崎を出発し車を走らせること3時間強、県北の五ヶ瀬町立三ヶ所中学校で開催されました「五ヶ瀬教育ビジョン全体研究会」に参加してきました。

五ヶ瀬町の教育と言えば、宮崎県の中高一貫教育でも有名ですが、五ヶ瀬町教育委員会は「G授業」や東京大学と連携して研究している「協調学習」と様々な取り組みを行っています。

 「G授業」とは、五ヶ瀬町内にあります4つの小学校・2つの中学校を一つの学校として捉え、学習するのに最適な児童数、教員数の確保を行うものです。
今日も4つの小学校から4年生、6年生がバスで三ヶ所中学校に集まり、4年生は道徳の授業をL(大人数、43名)、6年生は算数の授業をS(1グループが1名から9名の少人数グループを10グループ作り授業を行う)で行いました。
10グループもそれぞれ「ゆっくりコース」・「ふつうコース」・「どんどんコース」と授業の早さを理解度に合わせて行いますので、児童の学力に応じたきめ細やかな授業が出来ます。
 
「協調学習」は、東京大学が諸自治体と連携しながら実践化を進めており、他者との関わりを通して色々な考え方を活かしていく学習理論です。
2つの小学校の5年生が「自動車産業における低燃費ガソリン車・ハイブリッドカー・電気自動車」のメリット・デメリットや環境への影響について班に分かれて意見発表を行いました。

 このような取り組みの積み重ねで、五ヶ瀬町の小・中学生の学力は県内トップクラスとなりました。しかし残念ながらこういった成功事例を県内一円に活かすところまでは至ってないようです。
民間と違い、官の世界では良いものを真似ることに抵抗があるのでしょうか。

 アンテナをしっかり張って、良い取り組みや成功事例があればスピーディーに自分のところにも取り入れる、そういった当たり前のことが出来ていないのが行政です。
子ども達が熱心に授業を受ける姿を見ながら、学ばなくてはならないことが沢山ある事に気づかされた研究会でした。
f0174438_23365085.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-21 23:38 | 日記
赤江地区総合文化祭
11月14日(日)

 今日は市民一斉清掃の日です。
宮崎市は、市民参加による地域活動の一環として清掃活動にも力を入れています。
他の街をご存知の方なら感じていると思いますが、宮崎県は宮崎市に関わらず県内一円本当に綺麗な所ばかりです。それは、郷土を愛する気持ちを持った沢山の方々が、常日頃からお掃除をされているからではないでしょうか。

 小学校・中学校も親子共汗活動として地区毎に別れて親子で清掃をしたのですが、私は次男坊と家内は娘と一緒に地元の稲荷山公園の掃除です。
清掃終了後は、赤江公民館で開催されました「赤江地区総合文化祭」に展示担当実行委員として参加してきました。

 ステージ上では、各出演者が日頃の生涯学習活動で培った出し物を披露され、展示の方でも地域のアマチュア芸術家が作られた数々の作品が観る人の心を掴んでいました。
公民館の外では、地元でとれた野菜の販売やしめ縄づくり体験、ぜんざいや豚汁コーナーと例年にない賑わいでした。

 実行委員会の数度の会議や準備・後片づけと大変ではありましたが、終わってみると何とも言えない心地よい爽快感がありました。
f0174438_035161.jpg



 

 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-15 00:05 | 日記
龍馬プロジェクトin熊本
11月7日(日)

 午前中、宮崎南小学校子ども会が主催する綱引き大会に「放課後子ども教室」の仲間と一緒に審判として参加してきました。

 体育館に綱引き用の縄を2本準備し、低学年・高学年に分かれて地区毎に対戦します。
住宅が増えている地区は、子どもの数も多く選手層も厚いので予選を順当に勝ち上がっていきます。
一方、私の地区のように子どもの数が減ってきているところは、規定の人数を何とか満たしての出場ですのであっという間の予選敗退でした。

 3本勝負でしたが、準決勝・決勝戦は流石に予選と違い2本ともストレート勝ちすることはありません。1勝1敗になり3本目まで勝負は縺れますので、審判している私も汗をびっしょりかきながら双方互いに引っ張られる縄に集中します。
縄の中心の赤いテープがそれぞれ1.5メートルラインを越えると勝負が決まりますので、子どもたちや応援している保護者同様に必死の形相で審判を務めました。

 たかが綱引きと思いますが、子ども達が一生懸命に1本の縄をみんなの力を合わせて引っ張っている姿には本当に感動しました。
f0174438_14482581.jpg

 午後からは、熊本市国際交流会館にて開催されました「龍馬プロジェクト 南九州キャラバンin熊本」に参加してきました。
「龍馬プロジェクト」とは、大阪府吹田市の市議会議員 神谷宗幣(かみやそうへい)氏が会長を務める団体で、現代の下級武士とも言える若手の地方議員が全国規模で結集し、真に国民から信頼を集める政治集団を超党派で作ろうとするものです。
 神谷会長を始め、元経済産業省出身の国会議員候補者や熊本・大分・佐賀・福岡から県議・市議・町議・企業経営者が30名近く集まり、その思いを述べ合いました。

神谷氏はまだ33歳の1期目の市議会議員なのですが、学生時代に色んな国を見ながら日本に対して危機感を持ちます。実家のスーパーの再建や出身地福井県で高校教師を務め、法科大学院を卒業し弁護士を目指そうともしますが、4年前の統一地方選挙で市議会議員になります。
そして、昨年「龍馬プロジェクト」を5人で立ち上げ、全国キャラバンを展開し、今や同志は200人を超えました。

神谷氏の想いを30分程聴いたのですが、私の心の中にある同じ想いがマグマのように燃えたぎってきました。
本人も自分の事を馬鹿だと言っていましたが、その後の感想を求められ私も「日本はまだまだ広い、私も自分の事を馬鹿だと思っているが、世の中にはもっと凄い馬鹿がいた事を知った。是非仲間に入れて欲しい。」と興奮しながら述べさせてもらいました。

会議終了後は、場所を変えて同志で酒を酌み交わしました。
決して軽々に龍馬の名前を語る人達ではなく、憂国の士に出逢うことが出来たことを心から幸せに感じた夜でした。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-10 17:53 | 日記
アンコール小児病院
11月6日(土)

 宮崎大学医学部清花祭実行委員会が主催しました特別講演会「アンコール小児病院を通して見た国際医療」に行ってきました。

講師の看護師赤尾和美さんが勤務されているアンコール小児病院は、日本人カメラマン井津建郎氏がカンボジアの子どもたちを救うために設立した24時間体制の救急病院で、日本とアメリカの会員からの支援金で運営されています。これまで80万人以上の子ども達がこの病院で治療を受けてきました。

1970年代のポルポト政権時に医師を含む知識人が大量に虐殺されたことも原因で、カンボジアの医療は医師や看護師不足で崩壊寸前です。
また現代の日本では考えられないような不衛生な環境から子どもの死亡率も高く、狂犬病で無くなった子どもの映像も流れましたが、ベットの上でもがき苦しんでいる息子を抑えつけながら呆然と立っている母親の姿を見て、改めて私達日本人は恵まれた環境で生活していることを再認識しました。

救急車も無いので何人かで担架を担ぎ病院まで歩いて運ぶのですが、病院まで何日もかかる地域の患者は病院に着く前に死んでしまうことも多々あるようです。

 その中でカンボジアの子ども達達のために献身的に活動されている赤尾さんですが、本人もおっしゃっていましたが、決して自分は特別ボランティアの精神が強いわけでもなく、たまたまアメリカの病院に勤務していた時にいやいや先輩に付いてカンボジアに来たことが今の活動につながったとのことです。
私の座っている席からステージまで距離がありましたので、ハッキリとお顔は見えませんでしたが、身長も低く写真で見る限り普通の女性でした。
その方が、日本では考えられないような不衛生な国で、(郊外に出るとトイレは草むらであったり、診察に訪問したお宅で出されたお茶の入ったコップは、汚れが付着しており、しかも飲んでみると濁った水であったり、腹痛の患者さんのお腹の中から1kgの回虫が出てきたり・・・・。)そんな国で命を救うお仕事をされていることに頭が下がりますし、また私自身が世界の実情を知らないということをつくづく反省しました。

 「早くて便利なことが果たして良い事なのか、不便であることの心地よさを知り、日本人が忘れている五感を研ぎ澄ますことが大事である。」との言葉がとても印象的でした。
f0174438_9442495.jpg
 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-09 09:46 | 日記
つなげる力
11月4日(木)

 市民文化ホールにて開催されました元杉並区立和田中学校校長藤原和博氏の講演会に行ってきました。
一昨年も佐土原での講演を聴いていますので今回2度目になるのですが、「教育」といった真面目な話で聴衆を飽きさせずに話をされる氏の話術には学ぶことばかりでした。

 元リクルート出身の氏は東京都初の民間出身公立学校長として学校改革を行ってきた実績があり、主な取り組みとしましては、子どもたちに実社会を勉強させる「よのなか科」があります。

今日の講演でも私達が生徒になり、タイヤメーカーの社員として今までにない新しいタイヤを開発するために、お隣に座っている方と互いにアイデアを述べ合うことをしました。
決して「どうせそんなこと不可能だから。」とか「こんなことを言ったら笑われてしまう。」といった後ろ向きな考えは持たずに、何でもいいから互いに意見を出し合い、それを褒め合うといった授業です。

これからの社会では、自分の考えを相手に正しく伝える「コミュニケーション力」が大切になってきます。しかし現代社会では、ITの発達により他人と会話をせずとも様々な事が達せられる便利な社会になっていることがそのことを阻害しています。
人間同士がコミュニケーションをしっかり図る中で他人の考え、経験、知識をつなげていく力が重要となります。

日本人は授業で質問されると完璧な正解でない限り発言しない傾向にあるが、諸外国では間違った発言でも意見していき、そこから正解を導き出すといった違いがあるようです。
「正解主義」から「修正主義」への転換の必要性を述べられました。

また団塊の世代の人達が大量に第一線から引退されるのを学校が利用しない手はない、地域の先生として教壇に立ってもらうべきとの考えで「学校地域支援本部」の成功例を説明されました。

 講演が終わり会場を出ていく際に沢山の知人に会いましたが、疲弊している学校現場を立て直した藤原先生のお話に皆さん感動されていました。
「大人の学ぶ姿が最高の教材である。」はまさしく名言でした。
f0174438_1657239.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-08 17:02 | 日記
せんぐまき
11月3日(水)

 今日は「文化の日」でした。
国民の祝日に関する法律によりますと「自由と平和を愛し、文化をすすめること」が趣旨の様ですが、皆さんにとりまして文化に触れた一日となったでしょうか。

 私の方は午前中自宅事務所にて溜まった資料に目を通し、関わっている諸団体の溜まった仕事を済ませた後、午後から親戚宅の棟上げ式(せんぐまき)に行ってきました。
(因みに「せんぐまき」という言い方は宮崎の方言の様です。)

私が子どもの頃の話ですが、よく学校帰りに偶然せんぐまきを行っている建築現場を通りがかると、友達数名と一緒にまだ出来上がっていない屋根の上から大人の人達が餅やお菓子を次々に捲いてくれるのを喜びながら必死に拾ったことを思い出します。
何処からともなく近所の大人や子どもが集まって来てあっという間に人だかりができ、それはそれは楽しいイベントでした。

 会社に勤めていた頃は不動産の仕事をしていた関係で棟上げ式を経験してきましたが、昔ほど行う家も少なくなってきているようです。

 今日もご近所さんが沢山集まった中で、屋根の上から捲かれる紅白の餅やお菓子を必死にビニール袋に入れながら、「こんな楽しい風習はいつまでも護っていかないといけないなぁ。」と少しだけ文化に触れた一日でした。
f0174438_0454955.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-11-04 00:49 | 日記