> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
<   2009年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
PTA総会
4月24日(金)

 PTA会長として最後の宮崎南小学校PTA総会がありました。

想えば4年前、クラス対抗PTAミニバレーで仲良しになりました長男の同級生のお父さんMさんからのお誘いがきっかけで私のPTAとの関わりが始まりました。
最初は何も分からず毎月の定例会でもチンプンカンプンのことばかりでしたが、先輩に教わりながら少しずつ勉強していき何とか大役を本日無事に卒業することができました。

その間多くの保護者や先生達との出会いがあり、思い出も沢山できました。役員でなければここまで仲間は増えていなかったと思います。挨拶の中でお話ししたのですが、誰でもみんな初めは初心者です。当然自信も無くお引き受けするのですが、挑戦するつもりで踏み出す最初の1歩が大事なんだと思いました。

私達大人は子ども達に自分の後姿を見せながら多くのことを教えていかねばなりません。私が子どもの頃もそうでしたが、子どもは大人が言うことと行動することが一致しているかじっと見ています。
テレビのニュースで政治家や教員、警察官といった社会のお手本になるべき職業の方達の不祥事を見た時に、何に縋っていけばいいのか悩むことばかりではないでしょうか。
ですから子ども達にとって身近な私達が安心を与えてあげることができるのが、このPTAだと私は思います。

 夜は新旧役員と先生達との懇親会がありました。
実は今日4月24日は私の43歳になる誕生日だったのですが、仲間からバースデーケーキのプレゼントがありました。
共に同じ時期に役員として仕事してきた同士との別れが寂しい夜でした。
皆さん本当にありがとうございました。

 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-28 16:00 | 日記
家庭訪問
4月23日(木)

 午後から3人の子どもの家庭訪問です。仕事の家内に代わって午前中は家の掃除です。
掃除しながら日頃ゆっくりと考えられないことをあれこれ考えることができるので、掃除の時間は私にとって一番の瞑想タイムです。

掃除が終わってから家庭訪問のため帰りが早い娘のお迎えに行き、市役所の駐車場で家内に娘を引き継いでから社団法人宮崎市郡東諸県郡歯科医師会の役員さん達と顧問議員で市長室に伺いました。
津村市長へ昨年度の活動報告と近況報告です。
私も昨年の秋に歯科医師会顧問議員団に仲間入りしたばかりでまだ分からないことも多いのですが、市民の歯の健康のために今後勉強していきたいと思います。

 終了後しばらく会派控室にて懇談の後、今度は父親として家庭訪問の話を聞きに自宅に戻りました。
中1の次男には間に合いませんでしたが、娘の幼稚園の先生と中3の長男の先生とはお話しすることができました。
子どもの頃の家庭訪問の思い出はしっかり残っていまして、まさか自分が親として先生と話をするなど不思議なもんです。いつの間にか私の方が先生達より年上になるケースも多く、今日も若い先生に教育に対する考えを述べたりして先生達もやりにくかったのではと反省しました。

 夕食の時間、一日早い私の誕生日祝いを家族がしてくれました。
普段口数も少なくなってきた長男が弟や妹に諭すようにお祝いの言葉を言ってくれた時は、子ども達が素直に育ってくれていることにただただ感謝の思いで一杯でした。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-24 11:19 | 日記
まちづくり推進委員会
4月22日(水)

 午前中、宮崎市南消防署にて行われました「消防訓練施設落成式」に出席しました。
これまで北消防署管内では東分署に訓練施設が設置されていたのですが、今回南消防署にも訓練施設ができたことで南消防署職員だけでなく、南部地区の消防団や住民の多くの方が火災や地震等災害に対する訓練や研修を行うことが出来ます。

 災害はいつ起こるか分かりません。病気と一緒で日頃からの予防(訓練)が大事です。健康な時(平時)には何も感じないのですが、罹ってしまうと我々人間は日頃の習慣の重要性を認識します。
防げる災害が決して起こらないように、この施設が多くの方に活用されることを願います。

 午後からは松山議員と「平成21年度赤江地域まちづくり推進委員会」と「平成21年度第1回赤江地域自治区地域協議会」を傍聴しました。
いよいよ赤江地区でも地域コミュニティ税を活用した活動が始まります。
「防災部会」「防犯部会」「広報部会」「環境部会」「健康・福祉部会」と5つの部会毎に防災訓練や河川浄化、子育て支援事業といった様々な活動が始まります。
傍聴していてこれから新しい生命が誕生するようなそんな息吹を感じました。

批判を受けてきた今回の地域コミュニティ税ですが、賛成者・反対者といった壁は取っ払って「自分達のまちは自分達で作っていく!自分達で守っていく!」と全員一丸となって取り組むことが宮崎市の地域力を高め、そのことが市の魅力に繋がり他都市からも人や企業を呼ぶ込むことになるのではないでしょうか。

これから細部で色んな問題も出てくるでしょうが、一つ一つ改善していきながら我々議会も一緒になって頑張っていきます!

 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-24 10:44 | 日記
市政報告会
4月21日(火)

 午前中、金曜日開かれます小学校のPTA総会の打ち合わせがありました。

いよいよ今度の24日で4年間務めました役員の仕事(副会長2年・会長2年)が終わります。
いざ終わりとなりますと寂しい気持ちになります。4年前お引き受けする時は、とても自分にはできる仕事ではないと思いながらも挑戦する思いで始まったのですが、あっという間の4年間でした。そんな思いを感じながら役員の方達と進行について協議しました。

 午後からは後援会長と打ち合わせです。
5月8日(金)19時から月見ヶ丘センターにて初めての市政報告会をやることになりました。これまで地元の方から報告会をやって欲しいとのお話を頂きながらも議員活動の中余裕も無く実施できずにいたのですが、市議として2年が経ちますこの機会に開催することが決まりました。

 ゴールデンウイークの最中で皆さん大変お忙しいと思いますが、是非お話を聞きにいらして下さい。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-24 09:58 | 日記
臨時議会
4月20日(月)

 議会運営委員会が開かれたのに合わせて会派の会議がありました。

来月18・19日に臨時議会が開会される旨の報告があったのですが、ここで議長・副議長選出があります。
県議会では議長選出に絡んで贈答品を送ったとの問題が報道されましたが、県民からすると未だにそんな事を行っていたのかと驚かれた方も多かったことと思います。

私が初当選後初めての臨時議会で議長選挙があったのですが、当然ですが物を送られるようなことも、またそんな話もありませんでした。
ただ当選回数や数の論理だけで決まることであってはいけないと思います。市議会議員46名の代表として適任者が選ばれることが37万市民の願うところだと思うのです。
また議長は議会の代表として全国の集まりにも出席します。ですから他の議会関係者から見てその議長の印象次第で議会や市民へのイメージが決まってしまう大変大きな役割も担うのです。

 これからの2年間は清武町との合併や地域コミュニティ税の執行等重要な問題を抱えた議会運営となりますので、私達議会も市民の皆様に聞かれても恥ずかしくない議長を慎重に選びたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-21 00:06 | 日記
ふうせんバレー
4月19日(日)

 5月3日に市総合体育館で開催されます「第16回ふうせんバレー」の審判講習会に参加しました。

先週県福祉センターにてルール説明が行われ、今日は実践さながらの講習です。
当日実際に出場されますチームの方達も一部練習に参加されましたので、私達審判部は練習試合を受け持ちながら覚えていきます。

私も片手にルールブックを持ちながら、何度も審判を経験されていますコートマネージャーの方の指導を受けジャッジしていくのです。最初は中々要領が掴めずに苦労しましたが、3試合目にもなりますと審判としての動きもそれなりに様になってきたようです。

 宮崎南小学校の女子バレーチームの子ども達も昨年同様大会に参加してくれます。
こうして現場に関わることが一番実情を知るいい機会になります。
健常者や障害者、大人や子どもが垣根を越えて行える競技がこのふうせんバレーです。

 5月3日の大会参加者達が楽しくプレーできますよう私も当日までにしっかり復習して望みたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-20 18:57 | 日記
青島
4月18日(土)

 やっと休みができました。
手帳を見ましても、今年になってから初めてと言ってもいい位の完全OFFです。

 家内は仕事で娘は幼稚園が休みでしたので、午前中は娘と二人で過ごしました。
午後家内が帰ってきてからは、3人で青島に行きました。先日仕事で県立青島亜熱帯植物園に初めて行ったのですが、こんな素晴らしい場所があるなら是非家族を連れて行こうと思い、予想通り家内もとても感動していました。
 
f0174438_21173080.jpg

 青島に渡る橋の手前の海岸では、きれいなサクラ貝も採れるんです。青島には本当に自然の魅力が一杯です。
和多屋別荘の小原社長によります青島再生計画の中、旧橘ホテル解体工事もこの世界的同時不況の波に襲われ計画が延びているようです。
言うまでも無く青島側から陸の方を見ますとあの老朽化したホテルが見事に青島の景観を乱しています。

 一人の宮崎市民として一日も早くこの青島の美しい風景が元に戻ってくれることをただただ願うばかりです。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-20 18:40 | 日記
PTA総会(中学校)
4月17日(金)

 午前中市役所にて依頼事項について担当課と協議の後、午後からは中学校の授業参観とPTA総会に出席しました。

 今年度からは長男・次男がお世話になります中学校の執行部副会長を務めることになりました。中学校のPTAでは、小学校とは又違ったものが求められてくると思います。
私自身立場上保護者の方々から子どもに関する色んなご相談を受けます。その中で最も多いのがいじめの問題です。
私の子ども時分もいじめは存在していたのですが、私なりに今のいじめの特徴を分析しますと
●一人を大勢でいじめる。
●いじめ方が陰湿である。
●ネットを使ったいじめが増えている。
●助ける児童が昔ほどいない。
●いじめていた側が次の日学校に来るといじめられる側になることもある。
 
 のようです。

 いじめられている子が一生懸命頑張って家を出て学校まで来るのですが、校門に近づくと気分が悪くなる話を聞きましたが、そうなるまで先生・保護者がほっといてはいけないのです。気付かなかったでは子どもがあまりにも可哀想です。
ですから今回私は一人の大人としていじめのない学校を作りたくて副会長職を引き受けました。

宮崎からいじめの無い学校が沢山うまれるように、我々大人がしっかりしなくてはいけません!
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-20 18:00 | 日記
視察
4月16日(木)

 宮崎市観光振興議員連盟による宮崎港現地視察がありました。

今回の視察の目的は、先日の宮崎市観光振興議員連盟例会でも議題になりました宮崎港の利用業者でもある八興運輸㈱所有のRORO船と宮崎カーフェリー所有のカーフェリーを見ることと、現在の海運事業者の実情を聴く事です。

 RORO船とは「ROLL ON ROLL OFF SHIP」の略でトラックやトレーラーなどの車両を自走で搭載できる貨物船のことです。
平成13年に約15億円で購入されたRORO船ですが、全長121メートル、総トン数2,187トン、速度18ノットで宮崎港~細島港~堺泉北港を貨物を積んで走っています。
視察中もトレーラーヘッドにつながれて船内に運ばれてきた貨物が、コンテナ部分だけ船内に降ろされては次々とコンテナを運び込んでいました。

 現在の不景気で貨物の量も減ってきており、当然会社としてもできるだけ多くの荷物を積んで走るほうが効率が良いのですが、工業製品の出荷量と比例して貨物量も減っているようです。また昨年の燃料費の高騰では約3倍に燃料費が上がったため大変だったようで、今後環境面からも海上輸送を強化する施策として、港に物流センターの設置を要望したいとのことでした。

 宮崎カーフェリーもオーシャンドームの閉鎖以降利用客が減少する中、知事ブームで何とか食い止められているのが実情のようです。
これまで宮崎県内では日向細島港の歴史が長かったためか、まだまだ宮崎港に対する県民の認知度が低いようで、今後PRを強化し修学旅行生の獲得等努めていきたいとのことでした。

 実際行政側の対応ですが、県も市も総合交通に対する支援体制が、組織を見てもまだまだ脆弱のようです。
陸・空・海と交通網がある中で、空の便以外は宮崎県は全国的に見て後進県です。せっかく国土交通大臣が誕生したにも関わらず幻に終わったりと、交通の問題を考えました時に一人の地方議員として悲しい気持ちになります。
 我々議員は現場が抱える問題をしっかり理解し、それをどうやって解決していくかが大事な仕事であることを自覚した視察でした。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-20 17:09 | 日記
放課後子ども教育係
4月15日(水)

 午前中「南っ子放課後子ども教室」の代表者として、今年度の活動申請手続きにコーディネーターのO爺ちゃんと一緒に宮崎市教育委員会生涯学習課に行ってきました。

昨年度までは「放課後子ども教室」が教育委員会生涯学習課、「児童クラブ」が福祉部子ども課の所管となっていましたが、どちらも放課後の小学生に関わる課ということで、今回2つの課が統合されました。

市民から見た役所への大きな批判に「縦割り行政」があります。都道府県も市町村も国に準じて組織を作っていますことから、その予算に応じて担当課が決まることは止むを得ない部分もあるのですが、サービスを受ける市民からしますと分かりにくいだけで、役所側の勝手と捉えられても仕方ありません。

ですから今回宮崎市がこの2つの課を1本化し「放課後子ども教育係」を新設したことは大変意義深いことであり、いわゆる行革の1つだと思います。

 私は行政も市場に合わせて常に変革していかねばならないと思っています。柔軟性を持ち、自分達の理屈でなく利用者、つまり市民主体に組織を変えていく、そうあるべきだと思っています。
市民と市役所の距離を近づけるために、私達宮崎市議会も改革改善に努めていきます!
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-04-20 15:41 | 日記