> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
子どもにツケをまわさない!
1月27日(火)~29日(木)

 27日東京に移動し、会派の串間修議員、鈴木一成議員と財政の研修会に参加しました。
「子どもにツケをまわさない!」をテーマに公会計研究所・千葉商科大学が主催する講座です。
事務局はJTR日本税制改革協議会というところなのですが、参加してびっくりしました。
日本税制改革協議会の内山優会長は元民間企業経営者で、退職後得た私財でこの団体を作り政府や自治体が税金を無駄に使っていることに立ちあがり、このように首長・議員・行政関係者向けの研修会等を行っています。内山会長に幕末の志士の姿を感じましたし、同じ思いを持った講師の先生方も凄い方ばかりでした。

公認会計士で千葉商科大学大学院教授の吉田寛先生、前千葉県我孫子市長で現在中央学院大学や東洋大学の客員教授福嶋浩彦先生、CWニコル・アファンの森財団理事で人と自然の研究所の野口理佐子代表、元東洋経済新報社で会計の編集をされ現在和光市議の松本武洋議員とそれぞれ思いのこもった講義で2日間興奮の連続でした。と同時に我々議員の責任の重さとそれに伴った知識を身に付けていかないといけないことへのプレッシャーを強く感じました。
しかし残念でしたのが、このように全国の議員に聞いて欲しい講義なのに参加者は30名弱と寂しいものでした。

 講義終了後、納税者保護誓約書にサインしてきました。宮崎市議会議員として「子どもにツケをまわす議決に反対します。」というものです。
帰宅後、長男が今回の出張の内容を聞いてきましたので、今の国・都道府県・市町村が抱える借金とそれを背負わされる子ども達について話をしました。首長や議員や役所だけの責任ではありません。すべての大人達に真剣に考えて欲しいと思います。

 知識を学ぶだけでなく、私自身自分が宮崎市議会議員に成った意義とこれからをしっかり考える機会になった出張でした。
 
f0174438_1136040.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-30 11:36 | 日記
講演会
1月26日(月)

 宮崎市PTA協議会役員として宮崎市生涯学習推進協議会・宮崎市教育委員会主催の生涯学習リーダー研修会に出席しました。

今日のメインは、みやざき中央新聞編集長の水谷謹人さんの講演で、各公民館の館長や利用団体代表者の方達に「子どもの育成と地域社会のあり方」についてお話がありました。
水谷さんとはご近所の赤江小学校のPTA会長として、またみやざき中央新聞には宮崎南小学校のPTAの西さんがいらっしゃる関係で、ご縁がありとても親しくさせていただいてます。
編集長としてエッセイを書かれているのですが、私も毎週読ませていただき勉強させていただいていますので、今日の講演会も楽しみにしていました。

約1時間の講演ですが、時間を感じずあっという間に終わりました。
これまでも沢山の講演会を聴いてきましたが、不思議なもので講師次第で30分でも長く感じたり、今日のようにまだまだ聴きたくなることもあるんです。私同様に会場の皆さんもとても充実した時間を過ごす事ができ、満足されて帰られました。
私自身人前で話す機会が多いので話し方については研鑽を積んでいく必要があるのですが、これが中々難しいんです。いくら素晴らしい政策を考えても、それを皆さんに伝えるのに話が下手ではせっかくの政策が活かされません。先のオバマ大統領の話を聴いていてそう思った方は少なくないと思います。

 「人前で話す」聴いて下さった方達が、もっと聴きたくなるようなそんな話ができるようにこれからも勉強です。

 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-27 07:45 | 日記
仕事と遊び
1月25日(日)

 宮崎市・歯科医師会懇親ゴルフコンペに参加しました。
幹事役を引き受けていまして、風邪で出席できるか心配していましたが、昨晩ゆっくり休んだお陰で少し体調も良くなっておりホッとしました。それでも風邪薬とユンケルを飲み、体にカイロを貼り、口にはマスクと完全防備で挑みました。
スコアの方ですが昨年10月以来のゴルフということもあり、いつもの通り59+53=112という結果でした。

スコアはさて置き、久しぶりに体を動かしましたがやっぱりスポーツは気持ち良いですね。昨日の少年野球の子ども達が一生懸命走る姿を見ていても思いましたが、「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言う言葉はその通りだと思います。日頃仕事一筋に活動していますと、メンタル的にもいいアイディアが浮かばないと思うんです。仕事の出来る方ほど、仕事と遊びのバランスが取れているような気がします。
これまで「議員に成った以上遊ぶ時間を無くして働かなくては!」と頑張ってきましたが、段々と考え方に余裕が無いように思えてきて仕方ありません。

「仕事と遊びのバランス」人として、男として、議員として少し考えを改める必要があるかもしれません。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-26 18:49 | 日記
風邪
1月24日(土)

 しばらく休みましてごめんなさい。
夜の出方が続いたのと、月初からの風邪が中々治らずブログ書きを休ませていただきました。
今年の風邪は、とても治りが悪く今も咳、のどの痛み、鼻水が止まりません。今晩も赤江中学校野球部父母の会の新年会が入っていたのですが、流石に休ませていただきました。いつもお会いする方々から体の心配をしていただくのに面目ありません。

 今日は早朝から南部地区少年野球駅伝大会がありました。市役所横の河川敷をコースに21チームが参加し、個人ロードレースと駅伝競技で競い合いました。冬の間は各チームとも走り込み中心のメニューで練習しますので、見ていましても子ども達全員速いもんです。(運動不足の私は1年生と競争しても敵わないかも・・・・・・・・。)

明日も寒い一日になりそうです。皆さんも風邪やインフルエンザにはご注意くださいね。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-24 22:22 | 日記
記憶力
1月19日(月)

 今日も慌ただしい一日でした。
毎日手帳に書いてある用事を一つ一つ済ませていくのですが、途中で別の仕事が入ってきますので中々思うようには捗りません。しかし年頭の決意にも書きましたように鈍牛のごとく焦らずにコツコツとやるのみです。
昨日の上田先生に機会があれば教わりたいのが、記憶力を高める術は無いのかと言うことです。今までは多少記憶に自信があったのですが、年齢もあるのか記憶力が低下していることを実感します。恐らく年配の方に言わせると「まだまだ斉藤君の年齢でそれは早いわ。」と怒られそうですが、議員という今までと違う仕事に頭が慣れないのか、それとも日々入ってくる情報の多さに自分の頭が付いていけないのか、恐らく後者の方だと思うのですが、自分の頭はもう少しましかと思ってましたが、過大評価をしていたようです。

 とにかく毎日お会いする人の顔と名前を忘れずにきっちり覚えたいのと、行政の本や資料から学んだ知識を忘れずに後で活かしていきたいのです。恐らく殆どの議員さんが同じことで、苦労されていると思います。しかし努力以外にこれを解決する方法な無いというのが私の結論です。
毎日毎日の努力を怠らず、やるのみです!
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-20 09:55 | 日記
教育講演会
1月18日(日)

 今日は宮崎南小学校の日曜参観でした。
1、2時間目の授業参観の後にPTA教育講演会があり、「脳から見た子どもの世界」と言う題で上田脳神経外科の上田孝先生の話を聞かせていただきました。

 以前、知り合いの救命救急士の方に宮崎市の救急医療の実情を聞きました際に、上田先生が救急医療に詳しいというお話でしたので、今日お会いできるのがとても楽しみでした。
講演の始まる前に校長室でご挨拶しましたところ、私が朝「挨拶運動」で立っているのを通勤時に見ていただいているとのことで何か初対面の気がしませんでした。

 講演では、脳神経外科医の立場から私達が知らない脳の働きについて話がありました。
私自身が日々生活する中で、男女の行動・考え方の違いを感じることが多々あるのですが、その理由が脳の仕組みの違いにあることや子どもを育てていく際に、男の子と女の子でも理解度や聴力にも脳の仕組みの違いが関係していることなど初めて知らされる事実に頷かされることばかりでした。
たまに子どもの勉強を見る際に、「何でこんなことが理解できないんだろう。」と大声で怒鳴ったりげんこつすることがあるのですが、それも私自身が脳の仕組みを知らないことでとっていた行動と言うことが分かり、翌日次男に「お父さん、昨日お医者さんの話を聞いて分かったけど、今まで勉強を教える際に怒ってごめんな。」と謝りました。(もっと早くに今日のお話を聞いていればその分子どもも怒られずに済んだのにと反省しました。)

 講演後役員のお母さん達と話しましたが、彼女たちも話を聞き、これまでの子育ての中で反省した部分が多かったとのことで、とても意義のある教育講演会だったと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-20 09:34 | 日記
ビッグダディーズ
1月17日(土)

 清武町の船引保育園に行ってきました。 
南高時代の同級生黒木龍太郎君が会長を務める船引保育園親父の会「船引ビッグダディーズ」がママ感謝デーと名打って、お母さん達への慰労会を行ったのです。

 昨晩の2時頃8名のお父さん達でえびの市に行きトラックに雪をどっさり積んで帰り、園庭に特設の雪山を作りました。
 子ども達が楽しそうに雪山で雪だるまを作ったり雪合戦をして遊んでいる間、お父さん達は眠たい目をこすりながらケーキ作りです。殆どのお父さんは初めての経験で既成のスポンジケーキに生クリームを塗り、形が出来上がったところで園児達がイチゴやパイナップルの飾り付けをします。
美味しそうなケーキが完成した頃にお母さん達がそれぞれ集まってきました。
テーブルに座らされたお母さん達に、お父さん達がコーヒーや紅茶と一緒に手作りケーキを運んできます。今日はお母さん達をもてなすのが目的ですが、お互い恥ずかしいからか、ぎこちない様子でした。
お母さん達がケーキを食べる間、お父さん達が企画した「天響」による太鼓の演奏や園児達の合唱、お父さん達への質問等で楽しんでもらいました。

 おやじの会は全国的にどこの学校でもありますが、このようにお母さん達をねぎらう発想は中々出てきません。私も4年間小学校のPTAに関わった立場から「今日はやられたな。」と脱帽しました。と同時にこんな同級生を持てたことを誇りに思います。
子どもの教育に父親が関わることはとても大事です。しかしお母さん任せにしている方が未だに多いのが実情です。
少しずつでいいので「船引ビッグダディーズ」のようなお父さん達が増えてくれるのを願って止みません。
f0174438_0471488.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-18 00:49 | 日記
図書館
1月16日(金)

 朝、市役所の駐車場で車を降りてから会派控室に入るまでに、次々に知り合いの方にお会いしました。ついつい話が長引き、やっとのことで部屋に到着しますと今度は電話です。
日を追う度に仕事が増え忙しくなっていきますが、私にとっては嬉しい限りです。
忙しいほど頼られていることを実感しますので、お役に立とうと俄然力が湧いてきます。

 午前中市役所にて仕事を終え、午後から市民文化ホールで開かれました宮崎県町村会主催の「地域づくり・人づくりを考えるシンポジウム」に参加しました。地域づくり・人づくりのための図書館の役割について慶応義塾大学の糸賀雅児教授と元鳥取県立図書館長の齋藤明彦氏の講演があったのですが、娘を暴力団が撃った流れ弾で亡くした母親が、費用の面で弁護士に相談するのを断念し、図書館に通い法律の勉強をしていく中で出逢った司法試験勉強中の学生達の力を借り裁判で勝訴した話や脱サラで農業を始めた方が図書館での勉強で実務を学んだ事例等これまで認識していた以上の図書館が持つポテンシャルを学びました。

 私も5年前に大阪から帰ってきてから仕事に就くまでの間、毎日図書館通いをしていました。過去の選挙のデータや有権者数、宮崎市の状況について勉強していました。団塊の世代の方々も退職後図書館に通われる方が多いようです。パチンコをする方には申し訳ありませんが、図書館で本を読んだり勉強することは脳の刺激にもなり、館内の空気も綺麗ですのでお勧めです。無料で利用できるのですから利用しない手は無いと思います。(私も一日図書館に籠って読みたい本が沢山あるのですが、せいぜい今日のように市民文化ホールに行く際に横目で見て行く位です。)

 宮崎市には県・市立図書館がありますので、是非ご活用下さい。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-17 23:51 | 日記
東国原知事
1月15日(木)

 朝、小学校でPTAの仕事を終え久しぶりの市役所出勤です。
会派控室に行きますと、鍋倉会長、戸高顧問、鈴木議員がそれぞれ仕事をされていましたので出張の報告とエコクリーンプラザの件について話をしました。

 午後からはウエルシティ宮崎で開催されました「道州制シンポジュウムin宮崎」に参加しました。内閣官房、九州地域戦略会議主催、(社)宮崎県商工会議所連合会、宮崎経済同友会、宮崎県経営者協会、宮崎県市長会、九州市長会、(社)日本青年会議所九州地区協議会後援で行われたシンポジュウムには、県内・外の行政関係者、議員、企業経営者が出席し、現在国で進められている道州制について学びました。

 学校法人宮崎総合学院の川越宏樹理事長の司会の元、東国原英夫知事と道州制ビジョン懇談会の江口克彦座長の対談があったのですが、これまで何度か知事の話を聴く機会がありましたが、聴衆に自分の考えを伝える能力はトップクラスだと思います。
年末年始のテレビでも感じましたが、有名な国会議員や評論家と並んでも優っているその話法には学ぶことばかりです。日本の政治家もこれからはアメリカの大統領選挙でもそうだったようにいかにして自分の考えを正しく大衆に伝え、政策で惹きつけていく力が益々要求されてくると思います。道州制の話もさることながら、そんなことを考えさせられました。

 夜は宮崎市PTA協議会の役員会がありました。2月にあります市PTA研究大会の役割分担や、前回に引き続き組織の改正について協議しました。
今日も一日があっという間に終わりました。 おやすみなさい。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-16 01:12 | 日記
九州新幹線
1月14日(水)

 朝博多駅から9時10分発の在来線「リレーつばめ」に乗り、10時51分新八代駅で新幹線に乗り換え11時30分に鹿児島中央駅に到着しました。全線開通していませんが、それでも現在博多~鹿児島間は2時間20分で結ばれています。
予定されています来年度の末に全線開通すれば博多~鹿児島間が1時間20分で結ばれることになります。

 鹿児島市では鹿児島市議会を訪れ、我会派の戸髙裕之議員と交友のある平山哲議員にお会いして話を聞いてきました。現在鹿児島市議会でも新幹線開通による観光客の増加を見込んで観光振興議員連盟を立ち上げる動きをされています。宮崎市議会観光振興議員連盟としましても、この鹿児島に来た観光客に宮崎まで足を延ばしてもらうために今後宮崎・鹿児島の議員連盟同士力を合わせていくよう今後連携を取っていきたいと思います。

 帰りは鹿児島中央駅14時13分発の特急きりしまに乗り、16時20分宮崎駅に到着しました。鹿児島~宮崎間は隣県にも拘らず2時間7分かかりました。しかも時間の問題だけでなく、現実をまざまざと見せつけられましたのが、車両の問題です。博多~鹿児島まで乗った2つの電車ですが、最新式の車両でシートもゆったりとしており、車両間は自動ドアでトイレ、洗面所もとても綺麗です。新幹線の方は九州の木材を使った温もりと高級感のあるシートでした。一方鹿児島~宮崎間の電車は昔の古いタイプでシートも狭いし、車両間のとびらも手動式で、トイレや洗面所も汚くこれでは観光客を呼び込もうとしても一度来られた方は二度目(リピーター)は無いのではと考えさせられます。しかし今の乗客の数ではJR九州にお願いしましても、投資効果が得られないので難しい話でしょう。

 宮崎は東九州自動車道だけでなく、鉄道に関してもハンディが有ることを知らされました。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-01-15 00:39 | 日記