> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
フェスタ(バザー)
7月19日(土)


今日も暑い一日でした。
朝から小学校で「フェスタ(バザー)」があり、フェスタ委員会の皆さんを中心に、全員汗だくになりながらバザーや模擬店で「かき氷」「フランクフルト」「地鶏」「焼きそば」等々作って販売しました。
趣旨としては、この活動で得た収益金で学校に必要なものを購入したり、PTAの運営費に充てるのが目的なのですが、我々大人が一つの目標に向かって協力して事にあたるということは、子どもの見本としてとても大切なことだと思います。
とかく汗を掻かずに楽してお金で済ませようというのが今の世相ですが、最近の事件を見ていますと、余計にこういう活動の必要性を感じます。

私は、おやじの会や執行部の皆さんと焼きそばを担当しました。
焼きそば作りは今年で3年目になりますので、作っていく中で段々とコツを思い出しましたが、最初に出来上がった焼きそばは、塩コショウの加減が足りなかったのでは?と反省してます。(御免なさい!最初の分を購入された方。)

暑さの中、体調を崩された方もいまして大変な一日でしたが、本当に皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-19 22:29 | 日記
みんなで考えよう!
7月17日(木)

台風の影響でしょうか、今日も蒸し暑い一日でした。

暑さの中考えるのですが、原油高騰により地球規模で苦しいこの状況のなか、この熱エネルギーを利用して車や船や電車を走らせたり、エアコンや冷蔵庫を稼働させたりすることはできないものなのでしょうか。
これだけ様々な技術を開発してきた人類ですので、必ず化石エネルギーに代わる自然の力を利用したエネルギーが生まれるものと信じていますが、私自身文系の人間だけに理数系の頭脳を持つ方を羨ましく感じます。
何でもそうですが、新しいものを考え出すということはとても凄いことだと思います。

今日、「宮崎市観光振興議員連盟」の総会・勉強会・懇親会があり、市観光商工部、市観光協会の方々と「青島地域活性化基本計画」を中心に議論しました。
宮崎も昭和40年代の観光ブームから衰退の一途をたどっておりますが、橘通りの中心市街地同様、青島の活性化もみんなで考えなくてはいけない問題です。また一部の方の利害で判断されるべき問題でもありません。

「誰かが考えてくれるだろう」「誰かがやってくれるだろう」的発想では、いつまで経っても宮崎の発展はないと思います。
自分たちの問題として、教育のこと、福祉のこと、経済のこと、環境のこと等々を我々住民が真剣に考えて議論していくことが、私達や次世代の人達の幸福への近道だと思います。


我々議員も皆さんをリードしていく役目があります。私自身も前例や既存の価値観に縛られることなく、今後も自由な発想で取り組んでいきたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-18 00:30 | 日記
わたぼうし宮崎コンサート
7月13日(日)

皆さんは、「わたぼうしコンサート」をご存知でしょうか。
そういう私も昨年知人を通じ知りまして、今年で第29回となります。

このコンサートは、障がいを持ってらっしゃる方々が曲や詩を書いたものに、健常者の方が詩や曲をつけて発表するもので、宮崎県・宮崎市・県教育委員会・市教育委員会・社会福祉協議会・宮崎日日新聞等が後援となり、主催は「宮崎わたぼうし会」というボランティア団体の皆様です。

会長の山田良一氏は、私の高校の先輩にも当たるのですが、その無私の精神には本当に頭が下がります。
長い間このコンサートが続いていますのも、山田会長の熱い思いに賛同した多くの方々がこのコンサートを支えているからだと思います。

今年は、8月17日(日) 14時開場(14時30分開演)
場所は、宮崎市民文化ホールにて開催されます。

前売り券が、一般1,800円   学生1,000円  一緒にチケット(一般1人、学生1人)2,200円
となっております。

どうか多くの親子やご家族で聞いていただき、今の時代失いかけているものに気づいていただき、帰るときにはやさしい気持ちになっていただきたく思います。

   
                ことば


       小さなあかり     灯してくれた     あの言葉    

       「だいじょうぶ?」

       やわらかな気持ちが   あふれてきた   

       ひとりじゃないんだね。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-14 00:07 | 日記
委員会視察
7月10日(木)

京都市では、最も賑わいのある四条通を、昨年10月12日(金)から14日(日)の3日間、歩道部分を2倍に拡げ、車道は路線バスとタクシーのみが通行できる、いわゆる「トランジットモール」の実験を行った際の状況について研修しました。
これは、日本で有数の観光地京都の慢性的な渋滞を解消するため「歩くまち・京都」交通まちづくりプランとしてマイカーの利用を控えてもらうために行われた実験です。

宮崎市の場合は、中心市街地活性化の観点から「橘通り公園化」の実験を今年度予定しております。それぞれ実験の趣旨や都市基盤は異なりますが、説明を聞きながら考えを強めましたのは、中心市街地を活性化しようと思えば、道路や交通機能だけでなく街そのものの魅力を強化しなくては、決して人は集まらないということです。

今回の「橘通り公園化」ですが、3月議会にて議論した「地域コミュニティ税」と異なり、多額の投資を伴う事業であり、実施したあと検証して成果が得られなければ中止できるものでもありません。今後もいろんな立場の方からご意見を聞き、市長に意見していきたいと思います。


岐阜市では、岐阜駅前の市街地再開発事業の中で建設された超高層複合タワー「岐阜シティ・タワー43」について話を聞いてきました。

このビルは、1・2階を商業施設、3階は福祉・医療施設、4階に岐阜放送、6階から14階が県住宅供給公社の高齢者向け優良賃貸住宅、15階から42階が民間デベロッパーの分譲マンション、43階が展望スカイレストランと岐阜市の新しいランドマークになっております。

こういった再開発事業を行う際に問題となるのが資金でありますが、総事業費150億の内、岐阜市の負担は13億と民間資金を上手に活用した手法で行われているため、市の財政への負担を考慮した素晴らしいものでした。
分譲マンションも即日完売で、この事業の効果で周辺地価も2年連続で上昇しているところもこの事業が、成功した証しだと思います。

よくテレビで問題になっている議員の視察ですが、この2泊3日の研修で見聞きしたことが決して無駄にならないようにしっかり宮崎市政にフィードバックさせていきたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-11 01:24 | 日記
委員会視察
7月9日(水)


7日から本日まで、常任委員会(建設企業)の視察に行ってまいりました。
日本の議会は、本会議での審議を円滑にするため委員会制が採られていますが、宮崎市議会では、4つの常任委員会に分かれて一人当たり年間14万円の予算で先進地視察を行っています。(特別委員会は、一人当たり13万円)

私が所属します「建設企業委員会」は、建設部・都市整備部・上下水道局が所管となりますが、今回視察先につきましては、愛知県豊橋市の「豊橋総合動植物公園のリニューアル」・京都市の「トランジットモール導入構想」・岐阜市の「駅前市街地再開発事業」の3か所を視察先に勉強してまいりました。

「豊橋総合動植物公園」ですが、本年度から宮崎市フェニックス自然動物園の一部(レストラン棟・フラミンゴショー会場)をリニューアル(20年度は基本・実施設計)するため、昭和63年の計画策定からこれまで園内をリニューアルしてきた当園の話を聞いてまいりました。


フェニックス自然動物園の約3倍の面積を誇る園内には、これまで合計約160億円の費用で「アフリカ園」「極地動物園」「大温室」「オーストラリア園」「サルデッキ」と整備がされてきたとのことでした。
(豊橋市は、財政力指数が中核市37市中第4位のゆとりある豊かな市だからできることで、31位の宮崎市には、とてもできない話です。)

ただ感じましたのは、お金をかけているだけあってお客さんを喜ばす工夫がなされているものの、まだまだ設立当初からリニューアルされていない箇所も多くあり、園を運営していくために毎年市より10億円程の繰り入れをしている等問題も山積しているとのことでした。

京都と岐阜は明日報告いたします。

おやすみなさい。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-10 01:31 | 日記
消防
7月6日(日)


今日は、宮崎県消防学校において「第3回宮崎支部消防操法大会」がありました。
暑い中を宮崎市・清武町の各消防団から選ばれた方々がチームごとに、

  1.小型ポンプ操法
  2.小型ポンプ積載車操法
  3.ポンプ車操法

の各部に分かれ、日頃訓練で磨かれた技術を競い合いました。

皆さんお仕事を持ちながらの消防団活動ですので、訓練の時間も決して満足いくほど確保できないと思いますが、それでも各チームとも素晴らしいチームワークで、ポンプ車からテキパキとホースをつなぎ目標の的へ放水されていました。

聞きましたところ、消防団服は防火機能を高めてあるためとても暑いようで、本当に各団員の皆様お疲れ様でした。

消防団も地域に存在する他の団体同様、年々団員が減ってきており団員の確保に苦慮されています。各消防局も火災が発生して現地に到着するまでの間や、火災の沈下後の後片付け等消防団に依存する部分が大きいのが実情です。

「消防・警察」といった部署は、生命・財産の安全に直結するところですので、決して手を抜くことが許されない分野だと思います。
議員になってこの1年間、教育問題に特に力を入れてきましたが、今後この分野が抱える問題点も勉強していきたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-06 18:32 | 日記
救命処置
7月3日(木)


今日は、一日市役所内の会派控室にて、「観光振興議員連盟」の書類作成と定期購読している行政誌に目を通しました。
その間、先輩議員との意見交換や職員からの報告を受けあっという間の一日でした。

夜は、小学校の安全委員会で「人工呼吸とAED」の講習に参加しました。
これから子ども達も泳ぐ機会が増えますので、我々保護者も救命のための技術を身につける必要があります。
f0174438_9453154.jpg

昔に人工呼吸は習った記憶があるのですが、AEDは初めてでしたので勉強になりました。
皆さんはAEDをご存知でしょうか。
日本語では、「自動体外式除細動器」と難しい名前なのですが、よくドラマでお医者さんが心臓の止まった患者さんに電気ショックを与えて心臓が動き出すシーンを見ますが、その器具がコンパクトになったものです。

宮崎市でも予算をつけ、昨年度市内の中学校全校に、今年度と来年度で小学校全校に設置することになっています。(玄関付近に設置されています。)

講習では落ち着いていますので簡単にできることも、いざ現実にそのような状況に遭遇した場合に、冷静に対応できるかが問題です。
何でもそうですが、日頃からの準備がいかに大事か考えさせられた夜でした。

宮崎市消防局南消防署の隊員の皆さん、お疲れのところ夜勤前の貴重な時間を使って、ご指導いただき有難うございました。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-04 01:27 | 日記
読み聞かせ
7月2日(水)


 今日市役所に向かう前に、借りてました絵本を返しに「麦の穂文庫」に行きました。
「麦の穂文庫」とは、月見ヶ丘にある宮崎南小学校そばにお住まいの中武先生ご夫妻が、ご自宅のお庭に作られた私立図書館です。
トトロの森のようなお庭をくぐると、そのメルヘンチックな図書館はあります。

中に入りますと、これまでご夫妻が購入されました絵本が沢山並んでおり、近所の小学生や読み聞かせをされている保護者の方々が、絵本を借りに市内一円からやってきます。
たまたま今日も、市内から読み聞かせの活動をされています方々が、意見交換に集まっていらっしゃいました。

私も、月に1度読み聞かせサークル「くすのき」の皆さんと手分けして、教室の中で子ども達に絵本を読んでいます。
子ども達が、ワクワクしながら聴いている様子を見るとたまらない喜びがあります。

昨今、心を痛める事件が毎日のようにテレビで流れていますが、子ども達はどんな気持ちでその映像をみているのでしょうか。
そのようなメディアからの情報の中で、せめて絵本を通じ子ども達に安らかな時間を作ってあげることは、我々大人がしてあげられるとても大事なことだと思います。

宮崎市は、読書教育に力を入れています。
皆さんも時間があれば、テレビのスイッチを消して、本を読む時間を作ってはいかがでしょうか。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-03 01:12 | 日記
あいさつ運動
6月30日(月)


 6月議会も終わり、久しぶりに朝の「あいさつ運動」で赤江整形外科前の交差点に立ちました。
やり始めて1年半経ちますので顔馴染みの方も沢山でき、車の窓をわざわざ開けて手を振って下さる方や、頭を下げて下さる方、笑顔で返してくれる方等やっていてとても気持ちのいいものです。

そもそも「あいさつ運動」を始めたきっかけですが、PTAや青少年育成協議会等の会議で、「子ども達があいさつをしない」ということを毎回問題視し、そのため毎年「あいさつ運動」を活動テーマにしているものの一向に改善されないことから、「だったら自分が人目につくところでやればいいのでは!」というのが始めたきっかけです。

初めて立った時は少し緊張しましたが、やってみると本当に気持ちがいいものです。
朝通勤される方や通学する高校生たちに「今日も一日、元気一杯頑張りましょう!」と声をかけながら自分が元気を頂いているのです。
また、大きな声を出しますので普段しゃべる時でも声が通るようになりました。

それと最も思っていますのが、私たち議員は市民の皆様の常に目につくところに身を置くことが大事であると考えるからです。
よく「議員の人は、普段何をしているか分からない。」といったご批判を受けますが、私が関わっている団体の方々とは、しょっちゅうお会いしますので近況報告できるのですが、そうでない方々とは、街頭に立つことが一番分かりやすいと思うのです。

結構体力を使うのですが、時間のある時はできる限り立ちますので、これからも声をかけて下さいね。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2008-07-01 00:34 | 日記
   

斉藤了介市政報告
by Saito-Ryosuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧