> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 青島、青島、南高校
6月30日(土)

 朝一番で、今年も青島「渚の交番(青島ビーチセンター)」のスペースをお借りして行うプロジェクトM主催のTシャツコンテストの準備に行ってきました。
我々プロジェクトMが青島を元気にしようと企画したイベントの一つです。
学生から社会人まで応募いただいた作品をメンバーのSちゃんの会社でTシャツにプリントし、今日から7月20日まで展示してありますので、皆さんも青島に来た際には是非「渚の交番(青島ビーチセンター)」にお立ち寄り頂き、30作品の中からお気に入りの最優秀デザインをお選び下さい。

 ちょうど展示が終わった頃に今度は青島、白浜海水浴場それぞれの海開きの式典です。
宮崎市観光スポーツ振興議員連盟の一員として神事に出席し、期間中の無事故を祈願してまいりました。
青島神社の宮司さんが行う神事を見守りながら、事務所開きや地鎮祭でも同じように私たち日本人にとって神道がいかに身近な宗教かを認識いたしました。(因みに相撲も五穀豊穣や無病息災を願った神事だそうです。)

 青島を後にして午後からは宮崎南高校のドリカム講座に参加してきました。
キャリア教育の一環として南高校の同窓会「鵬会」が行ってきた伝統ある事業の一つで、様々な職業で活躍されている卒業生が、各教室ごとに分かれて在校生に授業を行います。40分ずつ2回講義がありますので、在校生は第1希望・第2希望の教室に行き、「なぜ先輩たちがその職業に就いたのか。その職業に就くためにはどのような勉強をしなくてはならないのか。」を学びます。
私たちの時代には無かった事業ですが、自分が成人してから、あることがきっかけで今の職業に就くことを決意し、そこから努力し続けられた実体験からも、人間は早いうちに生涯の天職を見つけることで勉強もし、天職だからこそ全身全霊をその仕事にそそぐことができる、そのような教育システムを日本も構築するべきであるといった考えを持っていましたので、本当に素晴らしい取り組みだと思います。

 夜の懇親会で、講師にいらした若い卒業生が、「私も在学中にドリカム講座を聞き、それがきっかけで今の仕事に就きました。」と話されたのを聞き、先生をはじめ、同窓会、PTA、そして卒業生の皆さんがこの事業の意義を改めて認識いたしました。
私もお酒が入り、とても心地よい気分で小学校のPTAクラス対抗ミニバレー大会3年3組の打ち上げ会場に移動し、今度は保護者や担任の先生と語り合いました!
f0174438_1611204.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-07-02 16:12 | 日記