> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 学習発表会
2月26日(日)

 小戸小学校で行われました学習発表会に侍miyazakiのメンバーで行ってきました。

立ちあがろう日本!届け!おど魂~小戸っ子「元気」「やる気」「本気」プロジェクトのテーマを掲げ、体育館にて先生や保護者が見守る中、午前中は各学年ごとに合奏、合唱、百人一首、群読、研究発表と子どもたちは元気一杯に一年間の集大成を見せてくれました。
傍で見ていて大人が嬉しくなる位に子ども達は笑顔で一生懸命発表してくれました。

 お昼時間は小戸小学校の倉岡校長先生が数年前から力を入れられている「お弁当の日」です。
1、2年生は「おにぎり」を、3、4年生は「おにぎりとおかず一品」を、5、6年生は「お弁当全部」を自分で作ります。
香川県のある小学校の校長先生が始めた教育活動の一つですが、私達も各家庭で早起きして作ってきたお弁当を保護者や先生と一緒に食べている子どものところに行きインタビューしてきました。
「どこが難しかったですか?」「お弁当作るのは楽しいですか?」
保護者の方には、「お弁当を子どもが作ることで何かが変わりましたか?」
それぞれ訊ねてみると自分達で料理をすることで親への感謝の気持ちや食に対する関心といった現代の子ども達に理解して欲しい事が浸透しているようです。確かに保護者の方が自分で作るよりも別の負担が出てきますので大変かと思いますが、子どもの教育に手間暇がかかる事は必然的です。
今後も宮崎全域にこの活動が広がってくれる事を願っています。

 午後からの「小戸に日本一がやって来る!」では、小戸小学校卒業生で延岡学園高等学校バスケットボール部3年生の黒木亮君と宮崎学園高等学校合唱部が子ども達に日本一となった技と歌声を披露してくれました。これは子ども達に日本一を取った本物の先輩たちがどのような思いで活動しているかを知ってもらうキャリア教育の一つです。

私はどちらも初めて目の前で見聴きしましたが、感動の一言でした。本物を目にした時に人間は感動するのでしょうか、合唱を聞いていると自然に涙がこぼれてきました。
恐らく午前中の子ども達の発表に続いての感動だったからでしょうが、私自身の心も洗われるような思いでした。

 今回の発表会は小戸まちづくり推進委員会の協力もあって出来たものです。
学校が地域と一緒になって成長していく事を見事に私達に立証してくれた一大行事でしたが、全てが本物で本気だからこそこれだけの感動を与えてくれたのだと学ばせてくれた小戸小学校と地域の皆さんに心から感謝した一日でした。
f0174438_8453767.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-02-27 08:50 | 日記