> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 成人式
1月8日(日)

 地元中学校で行われました成人式に出席しました。
地元中学校で成人式を行う形態に変わり、PTA役員として実行委員会に関わるようになってからもう6、7年になりますでしょうか。以前合同で行っていた時の様に荒れる成人式は無くなったようですが、一部の新成人の中には式典でのマナーが出来てない人がいるようです。今年に関わらずまだ大人になれない人が目立つのが気になります。かえってお祝いのためのアトラクションに参加してくれた小・中学生の方がしっかりしているのではと感じたのは私だけではないのではないでしょうか。

 これから私達や先輩方が歩んできた時とは違った厳しい時代が到来します。確かに若い人達に責任はありませんし、猛省しなければならないのは今の日本を創ってきた私達大人です。しかしそれを言ったところで時代は変わりません。そんな時間があるならばその困難な時代を乗り切るための強さと他人に手を差し伸べる事の出来る優しさを持った人間になるための自己啓発に時間を割くべきです。
新成人を見ながら、これからの時代を生き抜いて欲しい願いからそんな事を考えていました。
隣の席で当時の校長先生、教頭先生が中学校の卒業アルバムを開きながら、新成人が生徒だった頃の思い出話をしてるのがとても微笑ましく感じました。

 夜久しぶりに感動的な素敵なドラマを見ました。
柳葉敏郎さんが父親役、貫地谷しほりさんが娘役、その結婚相手役を向井理さんが演じた「花嫁の父」です。何度か感動的シーンがあったのですが、特に最後のシーンでは、病気で妻を亡くし一人娘を必死で育ててきた父親と聴覚障害をもつ娘、そして赤ちゃんの頃に親に捨てられ育ての親から愛情を受け育てられた結婚相手3人が船上と岸で交わす言葉や演技に涙が止まりませんでした。
昔はこんなドラマが沢山あったような気がします。私は韓流ドラマは見ないので間違っているかもしれませんが、ひょっとすると韓流ドラマには昔の日本のドラマが持っていた大切なものがあるのかも知れません。
テレビ局には視聴率で番組を作るのではなく、国民の意識、民度が高まるそんな番組を作って欲しいと思います。
家庭教育、学校教育、メディア教育の大切さを感じた一日でした。
f0174438_23375499.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2012-01-09 23:40 | 日記

斉藤了介市政報告
by Saito-Ryosuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 検索
> 最新のトラックバック
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧