> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 歓鯨館視察
10月19日(水)

 東京での「バランスシート・行政コスト計算書」の研修会、青森市での全国市議会議長会研究フォーラムや、運動会、講演会、特別委員会に夜の会議や懇親会と相変わらず忙しい日が続いています。今日久しぶりにパソコンに向かう時間が出来ました。

 昨日は侍miyazakiのメンバーで佐土原にあります「石崎の杜歓鯨館」を視察してきました。愛称を「ホエルカム」、昔の石崎浜荘です。この施設も宮崎市が建設したものを民間企業が指定管理者として管理運営しています。
日本水泳連盟公認の温水プールにトレーニングルーム、家族風呂や福祉風呂も備えた日向灘が眼下に見渡せる温泉にレストラン、市場とそれは近代的な立派な娯楽施設です。ただ9月議会でも補正予算を組んだ庭園部分の法面の崩落に関する設計施工の問題や施設に誘導する案内看板が無い事など問題点もあります。
細かい話で言いますとレストランのメニューで、鈴木一成議員、下村博史議員と3人で食べた丼が780円、同じミニ丼が680円と100円の差しかなかったのでお腹の空いていた私達は780円の方を食べたのですが、量が多過ぎてやっとのことで食べきりました。3人で「利用者に年配の方が多いなら680円を普通の丼にして、本当に量の少ないミニ丼を作った方が良いのではないか。」とレストランのメニューにも気付く点がありました。

 今度障がい者の方達の水泳大会が行われるとのことで福岡からも沢山の方が来てくれるようですが、まだまだ利用者が少ないようです。もっと多くの市民にこの施設が利用されるようPRと合わせて、施設や運営面での改善の必要性も感じました。 
f0174438_14251488.jpg

 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2011-10-19 15:03 | 日記