> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 東日本大震災
3月15日(火)

 先週末、東北・関東地方を襲うとても恐ろしい、そしてとても悲しい災害が起きました。
金曜日の午後、たまたま知人にメールをしたところ「今出張で東京に来ています。先程大地震が起きました。」との返信。私もその後のニュースを見るまでは、そこまでの被害とは想像できませんでした。

 テレビから流れてくる映像には、映画でしか観る事の出来ないような街が津波に飲み込まれる光景が映っていました。本当に信じることが出来ない想像を絶する規模の災害です。
私も阪神大震災の時、大阪市東淀川区のマンションで大きな揺れを体験し破壊された神戸の街をこの目で見ましたが、今回の地震は津波や原子力発電所の事故といったあの震災では無かった更に恐ろしい被害があります。

 日曜日携帯に次々とメールが流れてきた内容は、電力に関する事・血液に関する事・放射能汚染に関する事でした。
被災地以外の方達が、「何か自分達に協力出来ることは無いだろうか」といった善意の表れなのでしょう。
昨晩、私達が定期的に開催しています勉強会で今回の災害に関して話し合いました。
そこで出された意見は、被災者の方達が今最も望んでいる事や困っている事は何なのか。私達が想像力を働かせ、効率良くかつ的確にその物や作業を提供していくことが大切ではないか。と言った事でした。

 現在、政府や地方自治体、自衛隊の皆さんが懸命に救助活動を行っています。
一人でも多くの命が救われ、一人でも悲しい思いをしないで済むようにただ祈るばかりです。
私達宮崎に住む人たちが今から出来ることを、被災者の方たちに必要とされる事をやっていきましょう。
 くどいようですが、一人でも多くの命が救われる事を願います。
 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2011-03-15 09:52 | 日記