> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 弁当の日
12月23日(木)

 宮崎県教育委員会主催の家庭教育講演会に行ってまいりました。
今日の講演は、待ちに待った竹下和男先生の「子どもがつくる弁当の日」です。

香川県綾川町立滝宮小学校の校長時代に子ども達が自分の弁当を自分で作る「弁当の日」を設け、導入当初は保護者の猛反対に遭いながらもその信念を曲げずに実践した結果、子ども達の意識が変わり親子の絆も強くなったという感動のお話です。

 「子どもが弁当を作ることのどこが感動だ?」と言われそうですが、それまで台所に立ったことのなかった子ども達が、自分で早起きして弁当を作ることで母親の苦労を知り、そこから感謝の気持ちが芽生えていくのです。
中には、「先生、弁当を作ったのは僕ですが、でもその材料になるお米や野菜を(魚や肉を)作ってくれる(採ってくれる)人達が、そして運んでくれる人達がいるから弁当が作れるんですね。」と弁当の向こうにいる沢山の人達に対し感謝の気持ちを持てるようになる子もいるようです。

 逆に親が毎日手を抜いた食事を与えている子どもが親への仕返しと言って、わざとレトルト食品ばかりの弁当を作ったりすることもあり、改めて子ども達は自分の親が手を抜いているか否かをじっと見ているということも知らされました。

 その後赴任した荒れた中学校でも同じ様に弁当の日を作り実践していった結果、中学校が生まれ変わった話も聞かせて下さいました。

 私自身も定期的に開いている勉強会で、「食農教育」や「循環農法」の分野を勉強しています立場からも子どもたちに料理をさせることがどれほど大切な教育であるかを感じています。
宮崎県も全国に先駆けて「弁当の日」実施に向け計画しているようです。

 私は家事の中で掃除洗濯はやるのですが、料理だけは苦手としていましたので今日を機会に料理もチャレンジしていこうと思います。
因みに我が家の次男は、家内の躾が良かったのか小学5年生頃から自分で朝ご飯を作って食べています。
 夜、塾に送っていく車の中で、次男坊に「竹下先生の講演を聞いてきたけど、お前はすごいな。」と褒めてあげました。
f0174438_1592552.jpg


 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-12-24 02:02 | 日記

斉藤了介市政報告
by Saito-Ryosuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 検索
> タグ
> 最新のトラックバック
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧