> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> リーダーとは
10月15日(金)

 チリの鉱山落盤事故で地下に2カ月以上も閉じ込められていた作業員33名が無事に救出されました。
救出を信じて地下700mの世界で2カ月間耐え続けた33名の作業員の方々とそのご家族の皆さん、本当におめでとうございます。そして長い間お疲れさまでした。

 その中でもリーダーとして仲間を引っ張ってこられたルイス・ウルスアさんの活躍には頭が下がりましたし、私達日本人は学ばなくてはならないと思いました。
33名全員が助かるという目標に向かうために、集団をグループ分けし、それぞれに責任者を作り、規律を保つことに力を注ぐといった基本的な事をしっかり行い、チームをまとめてきたことが今回の全員生還に繋がったのではないかと思います。

 家族の中の家長であったり、その家族が集まった地域の自治会長さん、地域の集まった自治体の首長に国のリーダーである総理大臣、そして企業でいえば社長と大小色んなグループや組織にはリーダーがいます。そのリーダーが優秀でしっかりしていれば、その組織は発展していくでしょうし、逆にリーダーがつまらないとその組織は衰退していきます。

 昔と違い現代の日本社会をみますと、覚悟を持ってその組織を引っ張っていこうとするリーダーが少ないように思われます。自分が犠牲になってもその組織や集団を守ろうとする命がけのリーダーが少なくなってきたと感じるのは私だけでしょうか。

 救出されるのも自分は最後としたルイス・ウルスアさんのニュースを聞き、今一度私達は考え直さなくてはなりません。
 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-10-16 00:51 | 日記