> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 農業体験
9月16日(木)

 親戚にお願いしまして、ピーマンの苗植えをしてきました。

現在日本は、食料自給率がカロリーベースで40%と日本人の胃袋を満たすためにその半分以上を海外に依存している非常に危険な状況にあります。
これから世界の人口は、まだまだ増えて行く状況の中、食料の需給バランスは間違いなく崩れていきます。もし海外から日本に食料が入って来ない事があったら、その時慌てても遅いのです。

 私は昨年の市議会一般質問で、日本の食料基地でもある宮崎が今のうちから自給率を高めていくことが、日本の自給率を向上させることに繋がるのではないかと訴えました。

 恥ずかしながら今まで農業の経験もありませんでしたが、「一人の消費者として農業や水産業の事をもっと知りたい。」そう思いまして、今日生まれて初めて農業の真似ごとをさせてもらいました。

当然一日程度で農業の厳しさは学べませんが、身体を使うのは当然のこと、作物の生育状況を四六時中チェックし水や温度、肥料等計算しながら機械を操作していくのですから、農園そのものが一大企業であると感じました。

 私達日本人は農耕民族としての歴史を持っているにも拘らず、後継者不足により農地は荒れ、スーパーに行きますと並んでいますのは価格競争により外国産のものばかりです。
飽食の時代と言われるように、お金を出せば何でも食べることが出来ますし、食べきれない分は大量の残飯として廃棄されています。

 「食育」と言われるように義務教育課程の中で、「食」「農業」「水産業」といった実学をしっかり子どもたちに教えていくことも解決の近道かもしれません。

 手伝いに集まった方達と楽しく美味しいお昼ごはんを食べながら、改めて「食」が人間にとって大切なものか考えさせられました。
f0174438_1051210.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-09-17 10:52 | 日記

斉藤了介市政報告
by Saito-Ryosuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> 最新のトラックバック
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧