> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 読み聞かせ
7月6日(火)

 1年ぶりの読み聞かせに行ってきました。
次男が小学校を卒業して以来1年間小学校のPTAともご無沙汰してたのですが、長女が入学してまたまた小学校の6年間が始まりました。

 宮崎市は読書教育が盛んで、各小学校ごとに保護者や先生が朝の時間を使って絵本の「読み聞かせ」を行っている学校が沢山あります。
今朝は1年生のクラスに行ってきたのですが、男の子も女の子も可愛い目をまん丸に輝かせながら「今日はどんな本を読んでくれるんだろう?」と見つめてきますので、読む方も期待を裏切らないように絵本探しも必死です。

 今朝は「いじわるな ないしょオバケ」と「しんくんとのんちゃん 空からのてがみ」を読んだのですが、時には笑いも出て子どもたちも楽しんでくれたようです。

 夜高校生の長男が「お父さん、そう言えば僕が6年の時、絵本じゃなくて分厚い本を持ってきて読むからびっくりしたし!」と昔の記憶を思い出して話してました。
6年生だったら絵本よりも何か人生のヒントになるものをと私の大好きな京セラ名誉会長 稲盛和夫氏が書かれた「21世紀の子どもたちへ 君の思いは必ず実現する」の一部を抜粋して読んだ時の話です。

 本は私達に多くの事を教えてくれます。
絵本もまた、子どもたちの心を癒してくれます。
これからも沢山の本を子どもたちに届けていきたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-07-09 09:58 | 日記