> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> マイケルジャクソンと田端さん
6月30日(水)

 先日、録画していたマイケルジャクソンの特別番組を見ました。

アーティストとして沢山のヒット曲を出し、真似したくても真似できないダンスで多くのファンが魅了されましたが、その人間性については間違った報道の影響からでしょうか、私生活では変わった人として私自身も思っていました。

 しかし、生い立ちや行ってきた慈善活動の話を知りますと、マイケルジャクソンという人の子どもや人間に対する愛の深さ・強さを感じ、その思いに涙が溢れました。
彼が行ってきた活動はまさしく政治家が目指すべきことではないかと私自身心打たれました。

 お金が全てとは思っていませんが、もし私が会社経営者で莫大なお金をもっていたら沢山の人を救ってあげることが出来るのにと無力な自分がとても情けなく思えます。
話は変わりますが、先日講演を聴いて感銘を受けました中村文昭さんの師匠に成られます田端俊久さんが、熊本の阿蘇で「賢人塾」を開塾し、日本人の精神や伝統文化を教えられています。

 私も友人Tさんの勧めで田端さんの「日本人力」という講演会のDVDを見たのですが、それはそれは魂が震えあがる感動を得ました。見ながらもテレビ画面に向かって正座してる自分がいて、見終えましたら涙が溢れ自然に画面の中の田端さんに手を合わせていました。
誤解のないようにお話ししますが、決して宗教家ではありませんし、右翼思想の方でもありません。慈愛の心を持たれたまさしく日本人力を兼ね備えた大変素晴らしい方です。

 マイケルジャクソンと田端俊久さん、全く違った人生を送っていらっしゃるのですが、二人に共通しているのは人に対する慈しみの心が桁外れに凄いことだと思います。

 偽善やパフォーマンスでなく本物の人間に、これからの人生少しでも良いからそんな人に近づきたいと思います。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-07-01 11:52 | 日記