> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 追悼木村拓也コーチ
4月26日(月)

 先週末読売ジャイアンツ木村拓也コーチの追悼試合が行われました。
長男恒希君が背番号「0」のユニフォームで始球式をする映像を見ましたが、涙があふれ未だに悲しみが拭えません。
 
 父親の木村茂夫さんが私の長男次男がお世話になりました宮崎南部地区少年野球協会の会長をされていることや母校の宮崎南高校のご縁もあり、拓也コーチと何度かお会いさせていただいたのですが、報道されている通り本当にご立派で素敵な方でした。
私自身社会に出て沢山の方とお会いしてきましたが、拓也コーチはまさしく「人間力」の凄い方だと思います。
人を引き付ける屈託のない笑顔で初めて接してもらった時に「この方は一流のプロ野球選手なのに気取りの全くないなんて優しい方なんだろう。」と感じたことを今でも覚えています。

 拓也コーチを評する時に「努力をする才能」という言葉をよく聞きます。
プロ野球の世界に入って決して恵まれた体をしていたわけでもなく、とにかく他の選手よりも何倍も練習をされ続けてきたこと、そして何よりも人間性が、読売巨人軍へのトレードとなり日本一へ導いたのだと思います。

 大変お忙しい中でも宮崎の野球少年達への想いも忘れずに、子どもたちへの指導は当然のこと、大会主催に協力して下さり数えきれない子ども達へ夢を与えて下さいました。
コーチとしてこれからも益々日本の野球界に、そして宮崎の人達へ沢山の夢を与えてくださる矢先だっただけに無念でなりません。
 家庭人としても素晴らしいお父さんだったようで、同じ父親として想いを考えますと胸が痛みます。

 心より木村拓也コーチへのご功績に敬服し、ご冥福をお祈りいたします。
「ありがとうございました、拓也コーチ」
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-04-27 11:25 | 日記