> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> わくわくLifeプロジェクト主催「中村文昭講演会」
4月4日(日)

 佐土原総合文化センターにて行われましたわくわくLifeプロジェクト主催「中村文昭講演会」に行ってきました。

 友人でもあり、宮崎を元気にすることを目的に集まったグループわくわくLifeプロジェクトのメンバーでもあるTさんとの御縁でようやく聴くことができました待ちに待った講演会です。
と言いますのも1ヶ月ほど前でしょうか、Tさんから私と息子達に是非読んでほしいと渡されましたのが中村文昭さんの本でした。

現在40歳になる中村さんが三重県の高校を卒業後、夢も目標も持たず上京し、焼鳥屋さんでたまたま隣り合わせたその後人生の師匠になる方との出会いで人生が大きく変わったという中村さんの実体験に基づくお話なのですが、それはそれは聴いていまして人との出会いがどれだけ大切なものかを改めて考えさせられましたし、周囲の方々同様私も涙を拭きながら話に聴き入っていました。

 氏は師匠の厳しい指導のもと、生きていく上で大切な4つのルールを教わります。

 一つ、返事は0.2秒!
 一つ、頼まれごとは試されごと!
 一つ、できない理由は言わない!
 一つ、その内と言わず今できることをやる!

と一見簡単そうで、実は中々誰もができない4つのルールです。
殆どの方が他人から頼まれごとをされたり、自分で目標を決めて進んでいく中で、困難にぶち当たった時にすぐできない理由を探します。
「でも●●だから無理です。」とか「ですけど●●から考えても絶対出来ませんよ。」といったように・・・。
しかし、中村さんは教えに従い「出来るか出来ないかはやってみないと分からへんやろ!」ととにかく一生懸命にチャレンジしていくことで奇跡を次々と起こして人生を切り開いていきます。
「この人のために一生懸命やって、この人を絶対喜ばせたる!」
という思いをとにかく実行に移していき、そのことで人との御縁が広がり困難を克服していきます。

そしてもう一つ感銘を受けました話が、事業に成功し沢山のお金を得た中村さんは、お金の出口つまり使い方にも哲学を持ち、自分自身は慎ましい生活をしながらも北海道に広大な農地を購入し、引きこもりの若者たちに農業を通じ夢を与え、日本の食料自給率を高めるための活動もされています。
政治が解決できない課題にも挑戦し、本当にスケールの大きな方です。

 わくわくLifeプロジェクトの皆さんは、中村文昭さんの様に宮崎の人達に元気を与えることのできる講師を招いて講演会を次々と企画しています。
6月13日には、NHKでも特別番組が放送された単独無酸素で世界7大陸の最高峰を制覇しようとしている27歳のソロアルピニスト栗城史多(くりきのぶかず)さんを招いて講演が予定されています。

 奇跡に近い位お会いできない方なので、ぜひ皆さんもわくわくLifeプロジェクトの皆さんの力を借りて元気な宮崎を作っていきましょうね!
f0174438_13472291.jpg


 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2010-04-05 14:02 | 日記