> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 総務財政委員会視察最終日
7月8日(水)

 視察最終日は千葉県庁を訪問しました。
私達市議会議員の視察では通常他の市役所を訪問するのですが、平成14年から17年まで総務省からの出向で宮崎市の助役を務められました小宮さんが現在千葉県の総務部長を務められているご縁で、本日千葉県を訪問させていただきました。

 それにしましても人口約617万人、予算約1兆4400億円の千葉県庁舎は立派なものです。(宮崎県の人口約113万人、予算約5600億円)
議会棟だけで9階建てのビルでした。
その千葉県庁議会棟5階にあります議会運営委員会室で、「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」について健康福祉部障害福祉課障害者計画推進室の室長、副主幹のお二人より説明を受けました。

私自身もこれまで障害者の施設を訪問しお話を聞いてきた中で感じますのが、障害者について私達は知らないことが多く、そのことが障害者施策を進める上での障壁になっているということです。まだまだ日本では国民の意識の中に他人事として捉えている節があります。
千葉県では県民すべてが力を合せ、障害者への偏見や誤解をなくし、誰もが暮らしやすい社会を作るために本条例を制定しました。制定までに4年間を要しますが、その間には厳しい意見の対立もあったようです。

 昨今、私達議会には条例制定機能の強化が求められています。
議会基本条例を始め、宮崎市民のために必要とされる条例づくりに役立つ3日間の視察研修だったと思います。
f0174438_1712622.jpg



 
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-07-12 17:17 | 日記