> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 総務財政委員会視察1日目
7月6日(月)

 総務財政委員会委員と当局職員総勢15名が早朝7時20分宮崎空港に集合し、羽田空港到着後、モノレール、電車、新幹線と乗り継いで岩手県盛岡市に行ってきました。
午後からの視察でしたが、盛岡市役所にて「指定管理者制度における第三者評価制度」について研修してきました。

 平成15年の地方自治法改正により平成19年3月から公の施設の管理を株式会社や財団法人、NPO法人等に管理運営を任せることが出来るようになり、宮崎市も144の施設に指定管理者制度を導入しています。
導入後成果を生んでいる一方で様々な問題も表面化しており、度々市議会でも取り上げられてきました。
そのようなこともあり、総務財政委員会では盛岡市が指定管理者制度について第三者による評価制度を導入していることを知り説明を聞いてまいりました。

 主なポイントとして、
〇盛岡市行財政構造改革推進会議に指定管理部会を設置し、民間有識者5名が市に対し意見提言を行っていること。
〇公募で選ばれた株式会社・NPOの共同体が盛岡市の142施設について、管理者自身の評価と担当課の評価に併せて第三者による評価を行い三層式の評価体系をとっていること。
でした。

 まだ指定管理者制度が導入したばかりで、評価の精度も十分でないことや、画一的な評価で施設ごとの特徴が反映されていないこと等今後の課題も多いようです。
指定管理者制度は、各自治体ともこれから深く取り組んでいかなくてはいけない問題です。
宮崎市議会でも特別委員会を設置して議論していく必要性を感じました。
f0174438_1222264.jpg

[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-07-11 12:28 | 日記