> カテゴリ
全体
日記
市政報告
後援会便り
プロフィール
リンク
ブログについて
一般質問録画
未分類
> メモ帳
> お気に入りブログ
> 海外視察
5月1日(金)

 8日に予定しています市政報告会のチラシの打ち合わせを同級生のM君と終え、控室に戻り会計責任者として21年度政務調査費ファイルの整理をしました。
会計責任者になりましてから1年数ヶ月が経ちましたので会計業務には慣れたのですが、さすがに公金に関する仕事なので神経は使います。

昨年度政新会は、交付金額の残り100万円強を市に返納しました。以前も書きましたが私は政務調査費の使い方として、市政にとってプラスになるものならば政務調査費も活きた金として評価されるのでしょうが、市政にフィードバックできないものならば市民に批判されても止むを得ないと思っています。
問題になっています海外視察もポイントはそこだと思っています。

ですから逆に言いますと、本当に宮崎市政に反映される内容なら海外視察であろうと堂々とその意義を主張して行くべきだと思います。
まだキャリアの浅い私には宮崎市にとって参考にすべき都市が海外にあるのか否かも分かりませんが、将来知識と力を身に付けた時に海外に参考にすべき都市があり、しかし自費でしか行けないとなると経済的に余裕のない議員は断念せざるを得ません。

 何か今の議員への風当たりに対してその原因を作った人たちを恨む気持ちと同時に、ただ廃止にすれば良いといった考えにも違和感を禁じえません。
[PR]
by Saito-Ryosuke | 2009-05-07 14:55 | 日記